京都野外活動センター NPO法人まほろば教育事業団 実践トイレ掃除研修会

平成26年8月11日(月)会社休んで参加して良かったと思う程

素敵な子ども達が全国から集りました

この子達は20年30年後には日本を支える人材になるでしょう

本当に目が輝いて、気持ちのよい挨拶をする人達です


NPO法人 まほろば教育事業団

http://mahoroba-ed.org

FB

https://www.facebook.com/mahorobakyoiku?fref=ts

第26回 夏期中学生高校生セミナー

自立への一歩をふみだす中高生時代のどのように過ごすかはとても大切です。何のために学ぶのか。友情とは、将来の夢とは、国や社会との関わりとは、生き甲斐とは…。様々な思索の中で、両親・ご先祖さまとの絆、歴史との絆、友の絆に生かされている自分に気付き、本物に出会う時期ではないでしょうか。
東日本大震災を通じて私たちは日本人が本当は持っている思いやり、感謝、人と人との「絆」に気づきました。自分以外の誰かを大切にする生き方を、私達の先祖がずっと積み重ねて きました。そして、失われていった命を受けとめて、その人達の思いを、繋ぎとめていこうと懸命に生きてきた日本人たちの努力があったからこそ、私たちは今生かされています。

中高生セミナー等の教育事業は、中高生時代に大切な思索の道しるべとして、先人たちの生き方や言葉に学び、先生や先輩、友と胸襟を開いて語り合い、「社会に役立てる自分」を見つける体験研修の場として、開催します。
さらに、世界から見た日本の可能性を探り、日本人としての生き方を見つめていくことも大切です。日本の伝統文化を背骨に立てた若きリーダーを日本と世界は求めはじめています。中高生行事では、そのような時代の期待を受け止め、日本と世界の諸課題に果敢に取り組む、若き日本のリーダーの輩出を めざして、歴史に学び、世界に視野を広げ、人格を磨き、友情を深め、志をたてていく育成事業を、情熱を込めて目指していきます。

FBで確認しましたが、パンフレットに書いている事から素晴らしいです

40名程の中高生



15名程の教員と保護者

で京都城陽市にある野外活動センター友愛の丘の宿舎のトイレ掃除をさせていただきました

いつもの月例会とは異なり短い時間でのお掃除でしたが、やりがいのあるトイレで

みんなで協力しお掃除した結果

アンモニア臭は消え去り

すーっと気持ちの良い空間に

換気扇や洗面所、小便器、大便器、壁面、換気扇等あらゆるところを大勢でピカピカにしました

子ども達は目をキラキラさせながら

自宅でもトイレ掃除をしたい

部屋の掃除をしたい

親子関係がよくなるかも



素直で素晴らしい感想発表をしていました

純朴な心に触れると

同じ世代の子どもを持つ親としては

もっと前向きに生きて行かなければと、子ども達に元気をもらいました


最後、道具倉庫をお借りしているタナカテックさまにおじゃまし

道具のメンテナンスをさせていただきました

朝8時30分から、掃除実習終わりは12時頃

タナカテック到着13:30頃

掃除道具片付けと手入れが15:30で完了

一日仕事でした

今回のお掃除にお誘いいただいた日本を美しくする会のみなさま

京都掃除に学ぶ会のみなさまありがとうございます


画像


画像








この記事へのコメント

まほろば教育事業団
2014年10月23日 11:47
8月はトイレ掃除のご指導を頂き、誠にありがとうございました。
ブログにも紹介頂き、本当にうれしいかぎりです。
よろしければ、ゴリックさんの記事を、フェイスブックにも転載させていただいてもよろしいでしょうか。
ゴリック
2014年10月23日 16:10
ありがとうございます^ - ^
フェイスブック大歓迎です
転載よろしくお願いします

この記事へのトラックバック