ゴリックのお掃除ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 奇跡のリンゴ 木村秋則さん 大阪に来る!

<<   作成日時 : 2012/05/07 04:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

平成24年5月5日(土)14:00〜16:30

大阪府松原市天美東 池内記念会館

画像


画像


テーマ
 『木村秋則in大阪 〜大阪の台所が地球を救う〜
 パネルディスカッション』

参加報告 

道楽(毎週土曜朝、道頓堀の掃除をしているグループ)の杉本さん

フェイスブックでイベントのお誘い

画像



自然栽培の野菜果物お米等と聞いて、胡散臭くなりませんか?

健康にいいとか、これから身体が悪くなる前にこの薬とか・・・ 

なになに、なんやら健康食品?! 謎な団体?! 宗教はじめはったん?!

全くわからんままほっといていました

しばらくしてもなんか気になるし、ポチっと参加ボタンを・・・・(^^ゞ

押してもうた・・・((((;゚Д゚))))

前日になって、あ〜あ明日 近鉄河内天海 松原市やん枚方から遠いなぁ・・・

ネガティブマインドなゴリック

実際に行ってみると目からウロコ(^^♪

っていうか

これって、日本がバブル崩壊以降 絶対に目指さなアカン道やん(#^.^#)

画像




14時になり、いよいよ会が始まります

木村さんの紹介をされ、パネルディスカッションの内容を聞いていると段々と凄い場所に来ていることがわかりました

木村さんは青森から、わざわざ大阪の松原市まで来られ、午前中農業実習と午後からのパネルディスカッションに参加されています

画像


先ず、木村秋則さんは NHKプロフェッショナル仕事の流儀で紹介され、奇跡のリンゴの自然栽培に取り組んだ 職人であることを知りました


奇跡のリンゴ―「絶対不可能」を覆した農家・木村秋則の記録


木村さんは笑顔が素敵なお祖父さん

でも、農業の専門的な話しになると、大きな熊を猟銃を持って追いかける伝説のマタギのような鋭い目付きで自論を熱くお話しされます

それは、現代の日本人であれば聞いておかなければならない事

いつから、農薬が当たり前、化学肥料を与えるのが当たり前になったんですか

古来日本人は、大自然の中で作物を育ててきたのです

画像


画像



完全無農薬、肥料は与えなくても土の中の有機物は増えます

バクテリアが窒素を大量に放出するそうです

植物の上物だけみていては駄目、根っこ 土の中を診なければいけません

木村さんは土の中の根っこの長さ・温度を大変気にされます

大型の機械を入れなくても、麦を一緒に栽培したり、大豆をいっしょに栽培したり、畑の土を改善できる植物を知っています

麦や雑草は化学肥料の養分を吸上げたりする力

麦の根っこは土の下のほうに根っこが伸び、土を柔らかくする力があるそうです

画像



木村式自然栽培で育てた、リンゴやきゅうり米は腐りにくいということです

先のNHKの番組の中で2年前のリンゴをスタジオに持ってきていましたが、風味はそのままで水分だけが抜けた状態になっていました

普通ならカビが生えたり、腐って形も残っていません


リンゴを食べると、細胞の一つ一つが生きているようで、昔食べた懐かしい味がするそうです

実際に食べたことないですが、木村さんのリンゴは人気あり過ぎで3年待ちの状態だそうです


NPO法人 岡山県木村式自然栽培実行委員会
http://www.oka-kimurashiki.jp/

上記のHPで木村式自然栽培米『朝日米』「奇跡のりんご」で有名な青森県の木村秋則氏の指導により岡山県で栽培された『朝日米』を購入できます

5kg 5千円とお高いと思いますが、健康食品やお薬にお金をかけないで、自然栽培のものを身体に取り入れる事で身も心も健康になります




健康に良いというサプリ 薬品 食品 特保 器具にはローン組んだり、で惜しみなくお金をつぎ込む

日本人 

『無料お試しセット』でついつい・・・

 日常食べているリンゴ 果物 お野菜 お米は これまでの農家の常識は虫がつかないように、大量の農薬を散布している事、一般に知られていません
 
私も、リンゴが農薬をジャブジャブぶっかけて育てる常識?

知りませんでした

リンゴが健康によい!?

で、世の中の殆どのリンゴが少なからず農薬を散布して虫を退治

本当に身体にいいのかなぁ????

ジュースお菓子サラダ等、怖くてなんにも食べれない

そう考え方をすると、一週間に一度だけ自然栽培のものに切り替えるとかして、段々と消費者を増やして行けば爆発的に人気になり、日本中の農家が木村式自然栽培を学び供給力が増え、価格も安くなるのではないでしょうか

画像



木村さんの話しの中で、一番印象に残ったのが、養豚場の子豚のお話しです

子豚は生まれてすぐに尻尾を切るそうです

なんで・・・

子豚がストレスで仲間の尻尾をかじってしまう

かじられた子豚は村八分になり虐めにあい、餓死したり病気になったりするそうです

木村さんは豚の餌に問題があるといいます

とうもろこしや残飯の中には化学肥料や農薬が入ったものが出回っています

これを豚が食べストレスの原因になっているそうです

養豚場の農家に自然栽培のじゃがいもとトウモロコシを自前で栽培するように言って

これらの餌を与えるとストレスがなくなり、豚のいじめがなくなったそうです

現代の大人も子どももキレやすく、ストレスがたまっていると思います

是非、木村式自然栽培のお米や野菜を積極的に取り入れ、少しだけでも子ども達に与えるようにしてください

お試しで2000円払ってもらってかえったお米1kg楽しみです(#^.^#)


なんと、漫画『美味しんぼう』の単行本100号に木村さんが出演する場面があるそうです
画像


杉本さんはパネルディスカッションのコーディネーターをされ、まさに名監督のごとく適材適所にお話しを振られます

いつも、杉本さんの職人芸のような仕事に関心します

今回お誘いいただきありがとうございました


 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
奇跡のリンゴ 木村秋則さん 大阪に来る! ゴリックのお掃除ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる